1. トップページ
  2. 養成コースについて

養成コースについて

本コースは、山口大学大学院医学系研究科に所属する大学院生を対象としています。

従来の大学院における専門分野での臨床・研究活動に加えて、がん専門医療人の資格取得を目指す方のためのコースです。 教育とがん研究指導を効率的に実施することによって大学院の修学期間中にそれぞれの専門医等資格と学位取得を目指します。

1)外科系腫瘍専門医コース

コース名称 外科系腫瘍専門医コース
対象者 山口大学大学院医学系研究科医学専攻 大学院生
修業年限 4年
養成する人材像 専門的な知識と技術、研究能力並びに豊かな人間性と高度な倫理観を備え、多様化するがん手術に対応するために、高度ながん手術が実施でき、かつ研究マインドを持った腫瘍外科専門医を養成する。
修了要件 4年次までに所定の30単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、研究科の行う学位審査に合格すること。
履修科目等
<必修科目> 8単位
研究方法論応用(1単位)、悪性腫瘍の管理と治療(1単位)、医療倫理(0.5単位)、医療対話学(0.5単位)、がんチーム医療合同演習(0.5単位)、医療情報学(0.5単位) がんのベーシックサイエンス・臨床薬理学(1単位)、がん臨床検査・病理・放射線診断学(0.5単位)、臓器別がん治療各論(2単位)、がん緩和治療(0.5単位)
<選択必修科目> 22単位
腫瘍演習科目(4単位)、専門科目(12単位)、研究演習(6単位)
取得を目指す資格 外科系専門医、がん薬物療法専門医、がん治療認定医など

2)内科系腫瘍専門医コース

コース名称 内科系腫瘍専門医コース
対象者 山口大学大学院医学系研究科医学専攻 大学院生
修業年限 4年
養成する人材像 専門的な知識と技術、研究能力並びに豊かな人間性と高度な倫理観を備え、多様化するがん治療に従事するプロフェッショナルの一員として、がんを横断的・集学的に診療し、標準的化学療法が施行でき、的確に臨床試験が実施できる腫瘍内科専門医を養成する。
修了要件 4年次までに所定の30単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、研究科の行う学位審査に合格すること。
履修科目等
<必修科目> 8単位
研究方法論応用(1単位)、悪性腫瘍の管理と治療(1単位)、医療倫理(0.5単位)、医療対話学(0.5単位)、がんチーム医療合同演習(0.5単位)、医療情報学(0.5単位) がんのベーシックサイエンス・臨床薬理学(1単位)、がん臨床検査・病理・放射線診断学(0.5単位)、臓器別がん治療各論(2単位)、がん緩和治療(0.5単位)
<選択必修科目> 22単位
腫瘍演習科目(4単位)、専門科目(12単位)、研究演習(6単位)
取得を目指す資格 内科系専門医、がん薬物療法専門医、がん治療認定医など

3)放射線腫瘍専門医コース

コース名称 放射線腫瘍専門医コース
対象者 山口大学大学院医学系研究科医学専攻 大学院生
修業年限 4年
養成する人材像 専門的な知識と技術、研究能力並びに豊かな人間性と高度な倫理観を備え、放射線腫瘍学に精通し、今後いっそうニーズの高まる高精度治療を支え、高度な放射線診断に加え、高精度の低侵襲治療を提供できる人材を養成する。
修了要件 4年次までに所定の30単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、研究科の行う学位審査に合格すること。
履修科目等
<必修科目> 8単位
研究方法論応用(1単位)、悪性腫瘍の管理と治療(1単位)、医療倫理(0.5単位)、医療対話学(0.5単位)、がんチーム医療合同演習(0.5単位)、医療情報学(0.5単位) がんのベーシックサイエンス・臨床薬理学(1単位)、がん臨床検査・病理・放射線診断学(0.5単位)、臓器別がん治療各論(2単位)、がん緩和治療(0.5単位)
<選択必修科目> 22単位
腫瘍演習科目(4単位)、専門科目(12単位)、研究演習(6単位)
取得を目指す資格 放射線科専門医、放射線治療専門医、放射線診断専門医など

4)がん看護専門看護師養成コース

コース名称 がん看護専門看護師養成コース
対象者 山口大学大学院医学系研究科保健学専攻 大学院生
修業年限 2年
養成する人材像 がんの予防や健康教育とともに、がんの治療に伴う看護および治療後の生活調整を支援し、がん患者の体験する症状、精神的苦痛の緩和や、がん終末期ケアが提供できるケアとキュアを融合した高度な能力を習得させ、がん患者および家族のQOL維持・向上に働きかけるケアを実践できる専門看護師を養成する。 さらに、がんに罹患する人々は、小児から高齢者と幅広く、治療の場も病院から在宅へ移行してきているため、それぞれの世代に応じたトータルペインや治療を習得し、在宅医療へ貢献できるような専門看護師を養成する。
修了要件 必須科目38単位以上を修得し、大学院が行う学位審査に合格すること。
履修科目等
<必修科目>
医療倫理学特論(2単位)、看護学研究方法特論(2単位)、看護管理学特論(2単位)、看護理論特論(2単位)、看護教育学特論(2単位)、がん病態生理学特論(2単位)、がん看護理論特論(2単位)、がん看護援助特論Ⅰ(2単位)、がん看護援助特論Ⅱ(2単位)、がん看護学実習Ⅰ(2単位)、がん看護学実習Ⅱ(4単位)、特別研究(10単位)
<選択科目>
がん緩和ケア学特論Ⅰ(2単位)、がん緩和ケア学特論Ⅱ(2単位)、がんターミナル看護学特論(2単位)
取得を目指す資格 がん看護専門看護師